年金の種類と加入のルール

国民年金基金には異なる特徴がある7種類の年金(加入時年齢により、加入できる年金が異なります)があり、これらを組み合わせて自分に合った加入プランを作ることができます。

年金の種類

受取期間が生涯にわたる終身年金が2種類、受取期間が決まっている確定年金が5種類あります。さらに、それぞれ受取開始年齢や保証期間が異なります。
それぞれの特徴を知ることで、加入プランが組みやすくなります。

※50歳1月以上の方は、A型・B型・Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型の5種類から選択していただきます。
※60歳以上の方は、A型・B型・Ⅰ型の3種類から選択していただきます。

保証期間とは
保証期間とは加入員及び受給者が死亡された場合に遺族一時金が支給される期間です。(B型を除く)また遺族一時金は、以下のような場合に給付されます。
①年金受給前に死亡された場合
加入時年齢、死亡時年齢、および死亡時までの掛金納付期間に応じた遺族一時金が支給されます。
②年金受給中(保証期間中)に死亡された場合
残りの保証期間の年金を支給するための資産(年金原資)相当額が、遺族一時金として支給されます。
※遺族一時金の額は、払い込み掛金額を下回ることがあります。
※保証期間のないB型のみに加入し、年金受給前に死亡された場合、1万円の遺族一時金が支給されます。

加入のルール

① 1口目は必ず終身年金(A型またはB型)に加入して下さい。

※50歳1月以上の方は、A型・B型・Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型の5種類から選択していただきます。
※60歳以上の方は、A型・B型・Ⅰ型の3種類から選択していただきます。

② 1口目と2口目以降の掛金の合計は、月額68,000円が上限となります。

③ 全体の年金額の半分以上が終身年金(A型・B型)になるようにしてください。